エッセイ

私たちの星で

「図書」 岩波書店 2016年1月号~連載中 最新 2017年5月号 第17回 梨木香歩さんと師岡カリーマ・エルサムニーさんの往復書簡 共感の水脈へ(梨木) 行き場をなくした祈り(師岡) 変わる日本人、変わらない日本人(梨木) 渡り鳥の葛藤(師岡) 個...

児童書・絵本

西の魔女が死んだ

単行本:『西の魔女が死んだ 梨木香歩作品集』 新潮社(2017年4月25日発行) 文庫本:新潮社(2001年8月1日発行) 新装版:小学館(1996年4月20日発行) 絶版 単行本:楡出版(1994年4月19日発行) 絶版 おばあちゃん、大好き! ...

児童書・絵本

ブラッキーの話

単行本:『西の魔女が死んだ 梨木香歩作品集』 新潮社(2017年4月25日発行) 初出:「ひろがる言葉 小学国語 6上」 教育出版(2011年1月発行) わたしはもうだいじょうぶ。もうおまえの好きなところへおゆき。 ブラッキーはママにとって大切な犬だった。ある夏...

児童書・絵本

冬の午後

単行本:『西の魔女が死んだ 梨木香歩作品集』 新潮社(2017年4月25日発行) 初出:「ネバーランド」 Vol.11 てらいんく(2009年4月発行) こんなことは、私の致命傷にはならない。 小学校最後の冬休み、まいはおばあちゃんの家へ泊まりがけで遊びに来ていた。...

児童書・絵本

かまどに小枝を

単行本:『西の魔女が死んだ 梨木香歩作品集』 新潮社(2017年4月25日発行) おばあちゃんの祈り この空の下で、私の娘も、その娘も、今、生きている。新しい環境の中で。新しい道を選ぶこと、さらにその道を進むということは、体力と気力がバランスをとっていなければ、なかな...

紀行・旅行記

風と双眼鏡、膝掛け毛布

「ちくま」 筑摩書房 2015年6月号~連載中(2016年10月号休載) 最新 2017年5月号 第23回 地名の持つ力が、気分を一新する「風」になりうるように 思い起こされる個人的な経験や、調べられる範囲で知り得た情報、知人の体験談、それこそ風が運んで来たよう...

エッセイ

草木鳥鳥文様

「母の友」 福音館書店 2017年4月号~連載中 最新 2017年5月号 第2回 その鳥の生活環境を織り込んだ、タピスリーのような「鳥紹介文」になればいいな ツグミ、シバ属 ゴイサギ、葦 ※この作品は現在連載中なので、進捗に合わせて更新します。

コメント

映画「ぼくと魔法の言葉たち」

◇ 「ぼくと魔法の言葉たち」 すべての迷える脇役たちが、内なるヒーローを生き得ることを、オーウェンは教えてくれる。物語は、世界へ踏み出すためのかけがえのない足場であったのだった。 コメント掲載

小説

椿宿の辺りに

★連載再開 「小説トリッパー」 朝日新聞出版 第一部 2012年春号~2015年春号(2014年秋号、冬号は休載) 第二部 2017年春号~連載中 椿宿にある先祖の家に 「f植物園の巣穴」から連なる物語 皮膚研究所に勤める佐田山彦は、鬱と三十肩と頸椎ヘルニア...

エッセイ

追悼 佐藤さとるさん

読売新聞 2017年2月28日(朝刊) 叙情性漂う永遠の少年 佐藤さとるさんが亡くなられた。コロボックルで有名な『だれも知らない小さな国』シリーズを始め、数々の名作を生み出し、読者からは「ファンタジーの神様」と称えられた方だった… 2月9日に亡くなられた児童文学作家...